遺言書作成とは

遺言書作成とは

相続人同士が遺産を巡って争わないように、被相続人が自分の死後のために遺した文書を「遺言書」と言います。
原則として、法律で決められた相続に関する規定よりも、遺言書の内容が優先されます。
ただし、「遺留分」という法定相続人が最低限相続できる割合の制度があり、これを主張すれば遺留分を相続することが可能となります。
遺言書は遺産相続に関してとても重要なものですが、作成の際に細かい決まりがあり、それを守っていないと遺言書は無効となってしまいます。
遺言書は何度でも書き直すことができ、日付の新しい物が有効となります。遺言書作成に不安がある方は、確かな実績のある弁護士事務所に問い合わせ、プロに相談してみてはいかがでしょうか。



おすすめ