shimashima: 2016年2月アーカイブ

遺言書作成をするだけであれば、それほど難しい事ではないかもしれません。

しかし、遺言書作成は作業として済ませるだけでなく、訴訟になった際に法的効力があるかどうか問われます。

遺言書作成をしても法的効力が全くないのであれば、意味がないと言えるかもしれません。遺言書作成をする時には、法的効力の知識がないのであれば、難しく感じられるかもしれませんね。法律家であれば法的効力についても詳しいかと思いますが。法律家ではない人であれば、ハードルが高く感じられるかもしれませんね。

家族の将来の事について考えるのであれば、子孫が争ったりする事がない様な、法的効力のある遺言書作成を目指したいですね。