不動産を所有している場合には遺言書作成を

不動産を所有している場合には遺言書作成を

土地や家屋、山林などを所有している人は、出来るだけ遺言書を作成しておくことをお勧めします。なぜなら、相続発生時には現金であれば相続人で簡単に分配することが出来るのですが、不動産は現金のように等分することが出来ないからです(分筆や持ち分相続という手段はあります)。等分に分けられない結果、相続人の間でいわゆる相続トラブルに発展してしまうケースは少なくありません。
このような相続人同士のトラブルを防ぐためには遺言書作成が効果的と言えます。遺言書には『どの場所のどのような不動産を誰に譲り渡すのか』を明記します。遺言書は被相続人の最後の意思表示であり、他の相続人の意見が入る余地のない絶対なものです。そのため相続人同士が相続財産の分配で争う必要が無くなるのです。

おすすめ



おすすめ