遺言書作成の注意点

遺言書作成の注意点

遺言書には民法で定められたルールがあり、それを守らないと遺言書が無効になってしまうことをご存知でしょうか?
せっかく作成した遺言書が無効にならないためには、書き方に注意しないとなりません。
「自筆証書遺言」は本人が自筆で書く遺言書です。
一番簡単に描ける遺言書ですが、「全文・日付・氏名を自分で全て書くこと」「印鑑を押すこと」等ルールがあり一見簡単そうですが、訂正があった場合は訂正のルールなども決まっています。
更に、遺言内容を正確に書くこと、財産内容の漏れを無くすこと・・・決まりがたくさんあります。
弁護士などプロにアドバイスを受けながら作成するか、公証人という公正な第三者が遺言書の作成に立ち会う「公正証書遺言」にすればより確実です。

おすすめ