債務者が亡くなった場合の過払い請求について

債務者が亡くなった場合の過払い請求について

お金を借り入れている本人が亡くなってしまうという事もあるでしょう。そんな場合に、家族など身内が借金まで相続する事になります。

しかし、保証人となっていない場合には、相続した借金を放棄するという事も可能です。放棄するのは相続を開始してから3カ月までと決まっていますので、この期間を過ぎればすべての借金を相続者が返済しないといけなくなります。金額が大きいと大変な事になりますので注意しましょう。

また、亡くなった債務者が生前に完済しており、その際に過払い金が発生している事もあります。そのお金を相続人が過払い請求を行って取り戻すという事もできます。しかし、時効がありますので過払い請求は早めに手続きを行った方がいいでしょう。

おすすめ

miolaw.jp過払い大阪のことなら弁護士法人みお。大阪、京都に事務所。

大阪、京都、兵庫で経営のことは税理士にお任せ!

過払いのお勉強。過払いの基礎知識。

おすすめ