相続問題を生じさせないためには遺言書作成が有効

相続問題を生じさせないためには遺言書作成が有効

遺言がない場合は、民法によって相続人の相続分を規定されているため、これに従って遺産を分けることになりますが、スムーズに行かないケースも多々あります。相続問題で親族同士が骨肉の争いをしているという話を、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
このようなトラブルを未然に防ぐためには、遺言書作成が有効です。特に当人が事業家である場合、継承をスムーズに行うためにも、遺言書作成は必須といえます。子供がおらず配偶者にすべてを相続させたい場合や、内縁の妻にも財産を与えたい場合など、複雑な家庭事情がある場合も、遺言書作成は外せない作業です。


おすすめ