司法書士の受験資格の最近のブログ記事

司法書士試験に合格するために

|

ネットサーフィンをしていると、司法書士試験に合格した人や、これから合格を目指している人がいろんな書き込みをしているのを見かける事もあります。
特にどの様にして勉強すれば司法書士試験に合格する事ができるのか、またどの様にして勉強と仕事の両立をしたかという事についてみんなの意見が書かれている事もあり、これから司法書士になるための勉強に励もうとしている人は、特に気になる内容ではないでしょうか。

これらの情報を集めたりしていると、参考になる勉強方法が見つかるかもしれませんね。また、これまで以上にやる気がアップするかもしれません。

勉強する合間に情報収集をするのもいいかもしれませんね。

司法書士の試験を控えた受験生

|
司法書士の試験を控えた受験生はきっと毎日勉強を長時間行っている事でしょう。 とても難しい試験の一つに数えられる司法書士に合格するというのは本当にすごいことですね。 できれば一発合格を目指したいですね。

司法書士事務所で働く

|
司法書士事務所で働くためには、資格がなくても募集していることもあります。 補助者として働く人を募集していることもあります。 将来は司法書士として働きたい人にとっていい機会ではないでしょうか。

受験勉強に取り組む

|
何かの受験に向けて勉強するのは大変な事かもしれません。 時にはやる気がでない事もあるかもしれません。 しかし、一時期だけですので、ぜひできる限りの努力はしたいですね。

血液型と性格

|
会社や学校などで血液型の話をすることもよくあるのではないでしょうか。 相手の血液型をあてたりすると盛り上がる事もありますね。 B型は自己中心的と言われる事もありますが、それですべてではありません。

司法書士になる事を目指す

|
これから司法書士になりたいと考える人もいるでしょう。 まずは、いつの試験を受験するのかということを考えて、 試験の日程を考えて勉強のスケジュールを考えていきたいですね。 司法書士になるためには、本当にたくさんの勉強時間が必要だと考えられます。
まず、あなたが税理士免許の受験資格があるか確認してみましょう。

受験資格(学識編)です。

法学部、
経済学部、
商学部、
経営学部
の4年生大学または短大を卒業している方

法学部、
経済学部、
商学部、
経営学部
以外の学部でも

法律学又は経済学の科目を
1教科以上履修していれば受験資格があります。


あと、
4年生大学の3年次以上の学生の方は、

法律学または経済学の科目を含め62単位以上を取得した者。
もしくは

法律学または経済学の科目を含め36単位以上と外国語と保健体育科目を除いた、最低24単位以上の一般教育科目の両方を取得した者

ということです。


これらすべては、受験申込時に満たしておかなければいけないもので、
自動車の普通免許のように先に受験することはできません。

おすすめサイト