司法書士の仕事内容

司法書士の仕事内容

法律関係の書類作成や法律上の手続きを行うのが司法書士の主な仕事です。
土地や建物の売買や相続の際に必要な手続きをする「不動産登記業務」、会社の設立の際に必要な書類の作成や手続きを行う「商業登記業務」、供託手続き、簡易裁判所における代理・裁判事務など、身近な法律問題を解決します。
また、近年では業務が拡大しており、今までは法的書類作成を専門にして業務を行っていましたが、認定司法書士資格を得れば訴訟額140万円以下の事件については簡易裁判所において弁護士と同じ活動ができるようになりました。

おすすめ